カテゴリー別アーカイブ: 美容関係

美容師さんの死角・・・お客さんの目線はこんなところを見ています。

LINEで送る

こんばんわ!店舗清掃の村田です。
先日、カラーをしに美容室に行きました。

施術をしてもらった美容師さんに、『いつもヒールのある靴を履いているんですか?』と
話しかけられて、『そうですね~』なんてたわいもない話をしていました。

その美容師さんは、立ち仕事で足がパンパンになってしまうから、常にヒールの無い
ペッタンコな靴を履いているとの事・・。

そんな話をしていた私の目に、壁に飛び散ったカラー剤のあとが・・・。

美容師さんの目線とお客さんの目線の違い。

美容師さんは、立って作業しますから
当然、お客様の後頭部に向かって熱心に施術をこなしていきますよね。
お客様は、イスに座って雑誌を読んだり、コーヒーを飲んだり、スタッフとの会話を鏡越しで楽しんだり。様々です。
目線は、当然スタッフの腰より低い位置に行きます。
当然低い床、鏡のふち、テーブル、壁などを見てしまうはずです。
そこで、飛び散ったカラー剤が付いてしまっている壁などを目撃してしまったら・・・
まあしょうがないよね。。

と思われてしまうようなお店はオーナーさんから見てどうでしょう。

実際イスに座ってお客様目線をチェックしてみよう

時間が空いた時などに、実際お客様が座られるイスに座ってお掃除のチェックをしてみましょう。
シャンプー台のイスに座った場合でも同じです。なかなか上を見る機会の無いのですが、エアコンが汚れていたり。
天井の隅にクモの巣があったり・・。なかなか気付かないことも気づかせてくれます。

お客様の目線に立つことを実際、実践してみる行動をしてみましょう!
きれいなお店にもう来たくないな~と思うお客様はあまりいないはずです。

汚いカラー汚れが付いてしまった壁の汚れを消す魔法の液体
★リペアカラークリーナー20ml★
諦めていたソファーに付いたカラー剤、壁に付いたカラー剤、床についてしまったカラー剤。
今までどのような方法で落としていましたか?
一度、諦めていた汚れに試してみてはいかがでしょうか?

美容室の美容師さんの為の画期的なアイテムが勢ぞろいしている、店舗清掃.com

LINEで送る