tenposeisou のすべての投稿

賃貸でも贅沢に見えて仕方ない床の模様替え6選

LINEで送る

1.賃貸物件で飽きることベスト5

1位 不便さ
2位 内装の色味
3位 キッチン(流行などによって)
4位 眺望
5位 間取り

賃貸生活が長いと、

ここがこうだったらいいのに・・というような不満は必ず出てきます。

内装にも当然流行があるので

キッチンも新しいものが出れば当然不満になります。

眺望に関してはいくらいい景色だったとしても

それが毎日続けば非日常ではなく日常になります。

日常に変化を感じ取れる感受性豊かな人でない限りそうでしょう。

賃貸にとって間取りは致命的問題です。

これは引っ越す他ないと思います。

2.模様替えをすれば対応が可能そうな内装に着目してみる。

『飽きた。』

というと絶対に飽きないものって世の中にはないのかも。

飽きない人ってちょっと尊敬します。

で、

模様替えというと一言で新しい家具を買ってみたり、

家具の置き場所を変えてみたりと想像しますが、

ワンルームは不便そうに見えて意外と自由が効きます。

家具で仕切りを作ることで寝室を作りだしたり

寝室風

こんな風にリビングっぽく仕上げてみたり

リビング風

ただ、

私が思ったのはどうしても家具はお金がかかるイメージがあり、

そして引越しする事を考えてしまうと

ずっと住むわけではない家にお金をかけてまで物を増やしたくないというのが持論です。

でも、贅沢っぽく見せたい。

誰が来るわけではないけども。

3.床の模様替えはなかなかやらないからこそイメージが変わって気持ちも変わる。

そこで思ったのがこの床の模様替え。

・畳

畳

やはり日本人なら畳?
うーん、畳も時代によってだいぶ進化しているように思えますね。
引っ越す時もこういうパネル形式なら重ねてコンパクトに持っていけますね。
1枚3,000円ちょっとです。

・タイルカーペット

タイルカーペット

日光や塩素系漂白剤でも色あせしにくく
制電性にも優れているお手軽カーペット。
ラグを敷くよりも案外楽ですよ。
これも重ねてしまえば引越しも簡単ですね。

・クッションフロア

クッションフロア

ハサミ・カッターで簡単施工ができて幅に合わせた使用ができます。
1mあたり1,000円くらいが相場ですかね。
キッチンやトイレとかも古い内装を一段と変化させるにはいいかも。
一部分だけっていうやり方が安価でいいかもしれません。

・ウッドカーペット

ウッドカーペット

プリントしてあるだけだけど、かなり本物に近いフローリングになります。
最近のものはうまく出来ていると思います。
光沢もあってまるで新築のような輝きのある床に感動です。
技術の進歩についていかないとダメ人間になっちゃう。

・はめ込むだけフローリング

はめ込みフローリング

はめ込みフローリング

はめ込んでいく本当のフローリング。

今、賃貸で流行ってます。
・・知らんけど。
賃貸はそんなに大きい部屋ではないからできることですよね。
狭い部屋で悪かったね!
でも小さいなら小さいなりのやり方ってーのがあるんだよ!
2㎡で6,000円くらいです。

・玉砂利

玉砂利

玉砂利

玉砂利

感動の一言。

トイレはこういう風にありたい。

玉砂利もいろんな色展開があって、所詮石なのでとても安いです。
あとはレンガとかを置いてみたりすると締まりが出てきますね。

床を踏まずに生きてきた人間はいないでしょう。

床はいつも踏まれている。

内装に飽きてもこれなら解消できるかも!?

という事を一つ一つ見つけることも生活のうえでの楽しみ。

何よりも贅沢感が出るとテンションも上がる。

こういうちょっとした変化も床を使って楽しめれば

ちょっとした幸せですね。

改めて床にも感謝しなあかんえ。

おしまい。

LINEで送る